toggle
2019-05-28

アニメ好きの出会いはイベントで増やす【会話例】

アニメ好きの出会い
Pixabay
  • 「アニメが好きの友達を増やしたい!」

好きな人が同じ趣味だったらな~と思うことってありますよね?今回は、アニメ好きの友達をたくさん増やす方法をご紹介していきます。

あるイベントを活用すれば、効率よく出会いを増やすことができます。友達になれば、そこから彼氏彼女といった関係になる可能性も十分ありますね。

アニメ好きの彼氏彼女を作りたいかたは必見です。

アニメ好きの出会いはイベントで増やす【会話例】

アニメ好きのイベント
Pixabay

アニメ好きの出会いを効率よく増やしていく方法。それは、

  • コミケ
  • コスプレ

といったイベントに行くことです。ここでは、イベントの紹介と、行くときの注意点。そして、出会いをつくる“会話例”も一緒にご紹介していきます。

次のような順番でご紹介していきますので、気になるとこだけ見てみてください。

  1. イベントに行く
  2. イベントに行くときの注意点
  3. 出会いを作る会話例
  4. アニオタこそ人脈が作りやすい

アニメ好きの出会い【イベントに行く】

アニメ好きの出会いはイベント
pixabay

手っ取り早く出会いを増やすには、アニメ好きが集まるイベントへ行ってみることです。アニメ好きが集まるイベントとしては、

  • コミックマーケット
  • コスプレイベント付きのお祭り

が有名です。アニメや漫画好きの祭典“コミックマーケット”。そして、かなりの規模・数で行われている“コスプレイベント”。

コミックマーケット

コミックマーケット通称“コミケ”は、漫画家をこころざす人が自作の漫画を披露・販売することができるビックイベント。

コスプレを披露するかたもいっぱい。とにかく人が大勢おとずれますので、アニメ好きの人と出会うことはもちろん、友達もいっぱい作ることができます。

  • 8月
  • 12月

8月に行われるのが“夏コミ”。12月に行われるのが“冬コミ”と呼ばれています。両方とも3日間ずつ開催されています。開催場所は“東京ビックサイト”。

  • お客さんとして参加する

漫画を書いてないとダメとか、サークルに入ってないとダメとか、コスプレしてないとダメとかいう決まりはないので、お客さんとして参加すればok。

コスプレイベント付きのお祭り

コスプレイベント付きで行われるお祭りに参加するのも、アニメ好きの出会いを増やす場として適しています。コミケと違って、

  • とにかく気軽
  • 開催場所、開催数が多い

祭りと並行して行われることが多いコスプレイベント。ふらっと祭りへいく感じで気軽に参加できます。

また、様々な場所で、数多く開催されていますので、あなたの住んでいる地域でも探してみてください。

  • コスプレしなくてよい

もちろん、無理にコスプレしていく必要もありません。コスプレしていないと話しかけてはダメというわけではないです。

アニメ好きの出会い【イベントの注意点】

アニメイベントの注意点
Pixabay

次に上記のイベントへ行き、アニメ好きの出会いを探すときの“注意点”について解説していきます。ポイントは、次の3つ。

  1. 一人で行く
  2. ファンだと言わない
  3. 油断する

一人で行く

アニメ好きの出会いに限らず、見知らぬ人と友達になりたいなら、なるべく“一人”で行ってみることをおすすめします。なぜなら、

  • つるんでいる威圧感

が出てしまうからです。話しかけられる相手側の気持ちを考えてみてください。あなたが3人で来ているとして、

3対1で話しかけられたら、相手を気まずい思いにさせてしまう可能性があります。

“怖い”と感じてしまうかたもいるかも。一人のほうが身軽ですし、仮に相手側が2人や3人であっても動じなければいいだけです。

あと、一人で来ている人が非常に多いので。1対1なら、友達になることは簡単です。

ファンだと言わない

アニメ好きの友達をつくりたい、彼氏彼女と出会いたいなら

  • ファン

という言葉は、NGワードです。とくに、コミケ出展者や、コスプレをしている人に話しかける場合。

  • 「ファンなんですよ~!」
  • 「○○で見ました!」

と言われた相手は、たしかにうれしく思ってくれることでしょう。しかし、ファンであることがバレてしまえば、それ以上の関係にはなりずらい。なぜなら、

  • ファン=壁

だからです。あくまで応援してくださる大切なファンだと捉えられてしまうということです。

相手に近づきたいなら、仲良くなりたいなら、ファンという言葉はさけるのが無難。

油断する

あなたから話しかけるばかり考えていてはいけません。誰かから話しかけられることを想定して“油断”を見せることをお忘れなく。例えば、

  • 困った様子を演じる
  • イベントを興味津々で眺める

道に迷ったフリをしたり、開場地図を見たり、コスプレしている人を興味津々で眺めてみたり。

誰からでも話しかけられやすい状態をキープするようにしましょう。

  • 早歩き
  • スマホを見る

このような行動はなるべく避けましょう。周りの人の気持ちになって、今の自分の姿は油断できているかな?

と考えてみるのもいいですね。次は、具体的な“会話例”についてご紹介していきます。

放置okなアプリを入れてイベントへ

  1. イベントなどの人ごみによく行く
  2. 通勤通学に徒歩やバス、電車を使っている

そんなかたは、“クロスミー”というアプリが無難です。簡単に言うと“放置ok”なマッチングアプリ。

アプリを入れている人通しがすれ違っただけで通知が来ます。アニメ関連のイベントの最中にすれ違ったなら、

話題に悩むことなくメッセージができますね。興味のあるかたは、詳細を確認してみてください。

「クロスミー」って何?【詳細を確認する】»

アニメ好きの出会い【会話例】

アニメ好きが出会うための会話
Pixabay

自分から話しかけて出会いを作る会話例を紹介しておきます。

  • 一人でいる人を見かけた
  • アニメの趣味が一緒
  • お気に入りのコスプレイヤー

などなど。話しかけたい人がいましたら、下記を自分なりに“アレンジ”して使ってみてください。11文あります。

  1. 「○○私も好きです!」
  2. 「うまいですね」
  3. 「似合いますね」
  4. 「どんなアニメ好きですか?」
  5. 「おすすめありますか?」
  6. 「○○好きなんですか?」
  7. 「すみませんコミケ初心者なので…笑」
  8. 「ちょっとお伺いしたいんですが」
  9. 「○○ってどう行けばいいですかね?」
  10. 「お一人ですか?」
  11. 「良かったら途中までご一緒しませんか?」

コスプレイヤーは話しかけられるのを待っています。むしろ、話しかけられて写真を撮ってもらうことを目的に来ていたりします。

一人で来ているひとでも一緒です。せっかくのイベント、一人でも十分楽しいけど、誰かと楽しんだほうがもっと充実した休日になります。

アニメ好き同士で“アニメトーク”をすることほど楽しいことはありません。話しかけられて嫌がられることのほうが珍しいくらいです。

引かれてしまったら…

思いきって話しかけたはいいけど…

  • 「え…」
  • 「(なんなの?)」

といった感じで引かれてしまったり、不思議そうな表情をされて耐えられなくなってしまったとき。あらゆる状況を切り抜ける会話テクがあります。

  • 道をたずねる

そうです。道をたずねればいいです。それが最も自然で何気ないことだからです。見知らぬ人であっても教えてくれるはずです。

状況やタイミングによっては、話をふくらませるのが難しそうな相手っていますからね。それは仕方のないことです。運が悪かっただけ。

そんな時は、トイレなどの道をたずねることで対処し、次へ行っちゃいましょう。

アニオタこそ人脈が作りやすい

アニオタの人脈
Pixabay

以上が、アニメ好きの出会いを増やしていく方法になります。アニメ好きの友達や彼氏彼女を作りたいなら、

アニメ好きが集まる場所へ行ってみるのが一番手っ取り早いです。

  • 思わぬ出会いがあるかも

イベントに行って歩いているだけで、話しかけられるかもしれません。道を聞かれるかもしれません。

つまり、いつどこで出会いがあるかわからないということ。その可能性を増やすには、自分からアニメ好きの集まる場所へ行く。

すごく現実的で再現性のある手段だと思います。

  • 週末どこかで開かれるかも

今週末も、どこかでコスプレイベント付きのお祭りが開かれるかもしれません。意外といっぱいありますので、探してみてください。

行ったことのないかたは、コスプレイヤーのクオリティの高さにびっくりすること間違いなし!?

  • 「一緒に写真とってください!」

と話しかけられて喜ばない人はいません。けっこう楽しいですよ。アニメ好きで、趣味の合う、ステキな友達ができますように。

少しでも参考になっていましたら幸いです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA