toggle
2019-04-22

中学・高校でモテない人も大丈夫【本気の恋は20代から】

喜ぶ女子中学生
Pixabay
  • 「中学、高校と全然モテなかった…」
  • 「一生このまま一人ぼっち?」

モテない期間が続くと不安になりますよね?でも、大丈夫です。本気の恋は20代からですよ。

今回は、恋は20代からが本番である理由と、モテるための方法をご紹介していきます。

中学・高校とモテない期間があるかた、これからモテたいかたは必見です。

中学・高校でモテない人も大丈夫【本気の恋は20代から】

喜ぶ男子中学生
Pixabay

中学・高校時代にモテない期間が続いたかたへ。

  • 「恋愛しないまま卒業するのが不安…」

中高時代の“恋愛経験の差”はあってないようなもの。不安を感じているひまがあったら、未来のことを考えたほうが得です。

これを読んで、その不安を解消していきましょう。

モテない中学生の頃

中学生の机
Pixabay

中学生時代にモテないと悩む必要はありません。中学の頃の恋愛ってそのままずっと続くと思いますか?

たいていの人は“続いていません”。続いている人は、ほんの5%くらいだそうです。なぜかというと、

  • そばにいるだけで幸せ
  • 学校にいけば会える

中学の頃は、とくにデートしなくても“そばにいる”だけで幸せを感じます。

高校が別々になったり、社会人になると、毎日会えるなんてことはそうそうないです。

  • 「中学の頃は毎日会ってたのに…」

中学の頃と今とのギャップに耐え切れなくなります。

  • 毎日会えない=ストレス

毎日会えないことにストレスを感じ、行き違いが発生します。やがて、そのストレスから恋愛のやる気がなくなり、

  • 「なんで付き合っていたんだろう?」

と、わけがわからなくなり、自然消滅するカップルがたくさん。中学の頃の恋愛から、結婚までこぎつけるのは稀かもですね。

モテない高校生の頃

高校生カップル
Pixabay

高校生時代も同じです。モテないと悩む必要はありません。

高校から付き合って、卒業しても続いている人の割合は、10%くらいです。なぜかというと、好きになる理由が

  • イケメンorかわいい
  • ちょっとしたきっかけ

だからだと思います。一般的な結婚の決め手は、“尊敬できる人”や“価値観が合う人”などが多いです。

しかし、高校生は、イケメンやかわいいという理由で付き合うかたがたいへん多いです。

悪いことではないです。むしろ、高校生の時にしか楽しめないトキメキがあります。

ですが、軽い気持ちで付き合って成功するカップルは、あまり多くありません。

また、高校生という“ちょっとしたきっかけ”で好き・嫌いになる敏感な時期なので、続かないのは仕方のないことかもしれませんね。

好きになる瞬間を意図的につくる【男女別16選】

当ブログ【ラブスタ(Lovers-Starter)/多忙な20代への恋愛ブログ】内の記事になります。

モテるためにはどうするの?

黒板,question
Pixabay

では、これからモテるためにはどうすればいいのでしょうか?

  1. あこがれの存在になってモテる
  2. あらゆる経験をかさねてモテる

これらを実践していけばok。大丈夫です、誰にでもなれます。もちろん、中学・高校とモテない人や恋愛経験がない人でもok。

あこがれの存在になってモテる

男子高校生
Pixabay
  • あこがれ=尊敬

あこがれる存在になるには、尊敬される存在になればいいです。尊敬される存在になるには、“影響される”側から“影響する”側にまわればいい。

けして、社長や芸能人になれというわけではありません。未熟でも精いっぱい頑張っているあなたの姿に感動するんです。

  • スポーツに打ち込んでいる
  • 楽器を練習している

大それたことじゃなくてもいいです。あなたには、コツコツ努力しているなにかがありますか?ないかたは、新しい趣味をつくってみては?これからあなたは、

  • 合コン
  • 友達の紹介

などなど。あらゆる場所や場面で異性と出会うと思います。そういったとき、アピールできることがあればモテます。

  • 「アピールできるものがなにもない?」

今から作ればいいです。何の変哲もない異性を好きになることなんて、そうそうありません。

エピソードやネタがなければ、魅力を感じようがないからです。また、人は人のどんな要素に“魅力”を感じるかわかりません。つまり、

  • 経験したもの勝ち

いろいろな経験があるに越したことはありません。なぜなら、趣味が共通しているだけで、“親近感”がわくからです。

あらゆる経験をかさねてモテる

女子高生
Pixabay
  • 様々なスポーツを経験する
  • 様々なジャンルの音楽を聴く
  • 意外な趣味をつくる

などなど。あらゆる経験をしておくと、いざというとき役に立ちます。趣味が共通するだけでモテやすくなるということです。

正確には、異性と出会って会話するとき、おたがいの趣味が合うだけで話がはずみ、

  • 「この人と相性いいかも!」
  • 「話してると楽しい!」

と思ってくれる可能性が非常に高くなるということ。もしも、

  • 「趣味はありますか?」→「特にありません」

これでは、あなたに興味をしめさないどころか、“つまらない”人間というレッテルをはられてしまいます。モテないということです。

一人にモテればいいと思わないこと

学校の教室
Pixabay

これから、モテていくためには、

  • 「好きな人ひとりにモテればそれでいい」
  • 「たった一人のひとに愛されたい」

という考えは、捨てたほうがいいと思います。なぜなら、人は“社会性”の生き物だからです。

  • 学校のクラス
  • 部活
  • 会社

など。そのなかで、一番のイケメンやかわいい子がいますよね?無意識のうちにそういう順位付けをしてしまうのが人です。

つまり、“人気がある”彼氏彼女をもちたいと思うのが自然ということ。

相手側からしても、人気のある彼氏彼女をもつことができたらうれしいと思います。なので、

  • みんなから好かれる人になる

ことを目標に、つねに意識していきましょう。クドいかもしれませんが、

  • 本気の恋は20代から

です。中学・高校とモテないひとでも大丈夫。

  • 「今を変えたい!」

という未来への意思が大切です。誇れるものが何もないなら、今日からコツコツつくっていきましょう。

  • 「もうすぐ30代なのですが…」

なに言ってるんですか!趣味なんて一瞬でつくれますし、本一冊読むだけで大抵の知識は身につきます。

十分間に合いますよ。胸張っていきましょう。少しでも参考になっていましたら幸いです。

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA