toggle
2019-04-10

好きになるメールの返しを具体的に解説する【5つのシーン】

メールのイラスト
Pixabay
  • 「LINEの返答がいまいち…」
  • 「もしかして不快に思われてる?」

メールを使って自分のことを好きにさせることができたら幸せですよね。今回は、好きになるメールの返しを具体的に解説していきます。

例文を用意しておりますので、活用していただければ幸いです。 “好きになるメール”の返しをマスターしたいかた、相手を振りむかせたいかたは必見です。

好きになるメールの返し【例文6選】

メールのイラスト
Pixabay

ここでは、“好きになるメール”の返しを状況別に解説していきます。できるだけ短い言葉づかいで、さらりと決められるかかカギです。

朝のひとこと

朝
Pixabay

いそがしい朝。メールを返している暇のない人が大勢いると思うので、メールはできるだけ避けるのが望ましいです。

でも、そんな忙しい時間帯にも“好きになるメール”の返し方があります。

  • 「おはよう!」

というメールがきたとします。ここで注意したいのが、いそがしい朝に返信をもとめるような返しをしないこと。

  • 「今日晴れるかな?」

などのように、相手が考えて返信しないといけないようなメールはなるべく避けましょう。

もしかしたら、相手は学校や仕事に遅刻寸前で、一刻も早く家を出なければならない状態かも。

  • 「今日もがんばるぞー!」
  • 「おはよう!行ってきます!」

“おはよう”というメールが来たら、このような返しをするのが無難です。相手が返信内容を考える必要もないので、スムースな朝をむかえられると思います。

二人だけの朝のあいさつ。好きになるメールの一つですね。

嬉しいとき

嬉しいハンドサイン
Pixabay

ちょっぴりいいことがあったとき。また、身近でビッグニュースがあったとき。好きな人とその喜びを共有したいですよね。

言葉でもOKなのですが、その喜びを具体的に伝えたいのなら、写真をとって画像をメールするのが効果的です。

視覚へうったえかける印象にのこる写真をメールできれば、きっと共感してくれるばずです。それにプラスして、

  • 「やった!」
  • 「めっちゃいいことあった!」
  • 「これやばくない!?」

などのように、あえて答えを言わず、“期待”をあおるような一言をそえればなお良し。

LINEだとメッセージを開く前に、スマホ上に表示されてしまいますよね?そこを上手につかったテクニックです。

このドキドキ感を演出することで、好きになるメールをつくることができます。

落ちこんだとき

落ち込む女性
Pixabay
  • なにか相談をうけた
  • 悩みをうちあけられた

こんなときは、相手のブルーな気持ちを晴らしてあげられるようなひとことを、“好きになるメール”で送りましょう。

これに関しては、3ステップがあります。

  1. 悩みに共感する
  2. 解決策は心理的側面から
  3. いつでも動こうとする

それぞれ簡単に解説していきます。

悩みに共感する

まずは、その悩みや相談に“共感”してあげるような“好きになるメール”を返します。

  • 「わかる」
  • 「大変だよね」

などのように、その悩みはあなただけじゃないよ!ということをしめし、孤独感をなくしてあげること。

解決策は心理的側面から

多くの場合は、解決策をもとめて相談してきているのではなく、話を聞いてほしくて相談を持ち掛けてきていることが多いです。

そのため、解決策を言ってあげる必要はないことのほうが多いのです。しいて、解決策を言うのであれば、

“具体的”ではなく“心理的”解決策を言ってあげるようにしましょう。

  • 「きっといいことあるよ!」
  • 「たまたま運が悪かっただけだよ」
  • 「今度リフレッシュしに行こう!」

などのように、相手の心を癒してあげらえるようなひとことが望ましいです。具体的な解決策は、

“相手”のほうから聞かれたら応えるくらいでも遅くはないです。

いつでも動こうとする

そして、最後に“自分はいつでも力になるよ!”という意思を伝えてあげられるとなお良しです。かなり効果的な“好きになるメール”だと思います。

  • 「何かあったらいつでも言ってね」
  • 「今からいこうか?どこにいるの?」

などのように、あなたは一人じゃないよ!と不安を解消してあげられるひとことが大切です。

嘘でも言ってあげるくらいの気持ちでいきましょう。心から感謝してくれると思います。

デートしたいとき

ハートのキーボード
Pixabay

デートがしたいとき。普通に、

  • 「デートしよ!」

と言うのは、かわいいですし、いいと思います。ですが、できれば何個か選択肢をあたえてあげたほうが喜ばれます。相手は気をつかって、

  • 「どこでもいいよ!」

と言ってくれるかもしれないですが、本当にどこでもいい人なんていません。パスタの気分じゃないかもしれない。

家から出たくないかもしれない。そこで、選択肢をあたえてあげるのが“好きになるメール”のコツです。

例えば、二つの選択肢をあたえてあげればどちらかが最上級で最下級です。極論ですが、

選択肢が一つだと、仮にその一つが嫌だと思われていたなら、もうそのデートは嫌で嫌でしかたないということ。

  • 「ほかにいい案なかったのかな?」

と思われてしまわないためにも、いくつか選択肢を考えるのも大切です。

一日の終わりに

夜空
Pixabay

なぜか、寝る前は好きな人のことが気になってしまいますよね?

  • 「なにかメールしたい!」

と、一度思ってしまったら眠れなくなったり。

  • 「さよなら!」
  • 「バイバイ!」
  • 「おやすみ!」

などのように、きっぱり締めくくるのもいいのですが、できれば次につなげる言葉であったり、相手を想うひとことで終わるのがベスト。

  • 「またね!」
  • 「おつかれさま!」
  • 「いつもありがとね!おやすみ」

“バイバイ”ではなく“またね”。“おつかれ”や“ありがとう”など相手を思いやるメールは、“好きになるメール”として効果的ですね。

メールさえも面倒なかたはYouTubeをつかう

スマホのイラスト
Pixabay
  • 「メールの言葉を考えるのも面倒!」

というかたには、最近ますます賑やかになっている“YouTube”をうまく使ってみてください。

  • 興味をそそる
  • 笑いをとる

ことができれば、メールの文章を考えなくても二人だけの時間を楽しむことができます。

  • 「どういう動画をえらべばいいの?」

そんなの、あなたにしかわかりません。おたがいの興味関心、趣味や笑い、面白いこと、楽しいと感じることを探しましょう。

あとは、YouTubeのURLをLINEに貼りつけて送信するだけですね。そのときに、

  • 「面白いよ!」
  • 「こんなの見つけた!」
  • 「爆笑!」

こんな感じで、どんな動画なのかは言わず、興味をそそることもお忘れなく。きっと楽しいひとときが過ごせると思います。

以上が、思わず好きになるメールについての紹介でした。みなさんがメールでときめきを感じらればすように!少しでも参考になっていましたら幸いです。

タグ: ,
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA